勤務先の方針で残業が非常に少なくなってしまい、残業代分の給料が不足して、ローンの支払い等の都合で、一時的な対応を考えなければならなくなり、借り入れを検討しました。

借り入れ先候補はたくさんありましたが、店がたくさんあること、銀行やコンビニのATMが使えること、それから知名度が高くて安心できる大手の業者であること等を考えて、アコムを選択しました。

タイミングが良かったのか、申し込みをしてから、借り入れした現金を手にするまで1日しかかからず、非常にスピーディな印象です。また、勤務先の方針によっては、この先も返済金額を調整しなければならない可能性があったのですが、この点についても、最低返済金額をクリアしていれば、返済額にある程度融通がきくところも助かりました。消費者金融というと、ちょっとこわいイメージもあったのですが、銀行系の業者であるからか、応対も銀行のようで大変安心感がありました。全体的には選択して良かったと思っています。

 2つの無利息期間でお得に!

専業主婦は、限られて予算の中で家計のやり繰りをしていますので、カードローンの利用が必要になることがあります。
十分な預貯金があれば、それの切り崩して乗りきれますが、そうでないときは、借入れに頼らざるを得ないからです。

しかし、即日融資を希望している専業主婦の中に、失敗してしまうケースがあるのも事実です。
専業主婦が即日融資に失敗してしまうのは、
 1.書類の準備に時間がかかった
 2.自動契約機がないサービスに申込んでしまった
 3.希望額を多くしすぎた
などがあります。

まず、カードローンの申込みに必要な書類の準備に時間がかかると、それだけで即日融資に失敗する原因となります。
専業主婦の場合は、本人確認書類だけ用意すれば申込めますので、早めに準備する必要があります。
本人確認書類は、申込んだ本人であることを証明するための運転免許証や健康保険証、パスポートなどのことです。

また、通常は、カードローンで即日融資をする場合、自動契約機でカード発行を受けます。
銀行カードローンの一部に自動契約機が用意されていないサービスがありますが、そこに申込んでも即日融資はできません。
バンクイックや三井住友銀行カードローンなどを選ぶようにし、自動契約機でカードを受け取るようにしましょう。

なお、本人に年収がない専業主婦への融資は、30万円程度が上限になっていることがほとんどです。
高額融資が必要なときは、カードローンの同時申込も検討するようにし、1社あたりの希望額は少ない方がいいでしょう。